2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:ひらいゆう「境界──マダムアクション」

2011年11月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/11~2011/12/12

Tokio OUT of Place[東京都]

フランス在住の写真家ひらいゆうが15年ぶりに東京で個展を開催。今展では、筋肉隆々の男児向け人形玩具 “アクションマン” を女装させ、生きているかのように写真で表現したシリーズ「マダムアクション」と、風景写真シリーズ「BLUEs」とを組み合わせ、虚構と現実のはざまを浮遊しさまよう作家の心象世界を表現する。今年7月に京都で開催した個展での発表作品に加え、未発表作品、新作も展示される予定。女装させた“アクションマン”はすこし不気味で滑稽なのだが、どこかもの悲しく妖し気な美しさにも引きつけられる写真の連作。新作も気になる。

2011/11/15(火)(酒井千穂)

▲ページの先頭へ

2011年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ