2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

REFLEXIONEN ひかり いろ かたち

2011年11月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/10/01~2011/11/23

兵庫県立美術館[兵庫県]

ドイツのグループ・ゼロからオットー・ピーネ、ハインツ・マック、ギュンター・ユッカー、具体美術協会から吉原治良、元永定正、田中敦子らが出品するほか、もっと下の世代のユリウス・シュミーデルと松井紫朗のインスタレーションも。神戸ビエンナーレ招待作家展という位置づけらしいが、なんでいまさらゼロに具体? と思ったら、日本・ドイツ交流150周年記念事業としてお金が出たかららしい。でもだからといって神戸ビエンナーレにムリヤリくっつけることないだろう。この便乗感が神戸ビエンナーレを安っぽく見せている一因であることに気づくのは、もう少し後のこと。作品としては、展示室を取り巻く通路に巨大なチューブ(風船)をはわせ、内部に人が入れるようにした松井のインスタレーションが秀逸。この展示室に入るとき、なぜか扉が閉じられていたが、それはチューブが展示室と直接つながっているため気圧を高く保たなければならないからだった。あと驚いたのは、先日亡くなった元永のタブロー数十点が壁一面に掛かっており、なんとそれらが2011年の新作だったこと。作品の良し悪しは別にして、88歳にしてこのエネルギーは見習いたい。

2011/10/21(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2011年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ