2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

artscapeレビュー

注目作家紹介プログラム チャンネル2 イチハラヒロコ/大西伸明

2011年11月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/10/01~2011/11/23

兵庫県立美術館[兵庫県]

美術館のエントランスに「あなたに褒められたくて。」「君さえいれば、この世はヘブン。」などと書かれたパネルが立っていたが、このイチハラヒロコの作品も神戸ビエンナーレの連携事業に組み込まれている。なんでもかんでも取り込んでる感じだなあ。もうひとりの大西伸明は館内のアトリエに、破壊された石膏像やブルーシートを雑然と並べている。よく見ると、石膏像の破片もシワの寄ったブルーシートも、まったく同じ(に見える)ものが二つずつ同じ配列で並んでいるのだ。つまりペアというかクローンというか、どちらかがコピーなわけだが、ひょっとしたらどっちもコピーかもしれない。とにかく見分けがつかないほど精巧なのだ。ふと目を上げると、アトリエなのでステンレスの流し台が2台あるのだが、それらが蛇口を含めまったく左右対称に配されているので、一瞬これも作品かと悩んでしまっただよ。

2011/10/21(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2011年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ