2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

黄金町バザール2011「まちをつくるこえ」

2011年11月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/09/02~2011/11/06

京急線日の出駅から黄金町駅の間の高架下スタジオ、周辺のスタジオ、既存の店舗、屋外空地ほか[神奈川県]

ヨコハマトリエンナーレの黄金町エリアをまわる。全体的にアート作品はちょっと弱い。もっとも、あいちトリエンナーレ2010にも出した北川貴好の電球による球体や、同じ素材を2人が撮影する秋山直子/河地貢士のダブル写真は健闘していた。ここは以前と同じ印象だが、圧倒的に街そのものがおもしろい。そして和洋ミックスの竜宮美術旅館には驚かされた。アートを通じて、この空間を体感できたことが最大の収穫だ。

写真は上から、
竜宮美術旅館
志村信裕《lace》(竜宮美術館)

2011/10/16(日)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2011年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ