毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

ジェローム・ベル『ザ・ショー・マスト・ゴー・オン』(The Show Must Go On)

2011年12月01日号

twitterでつぶやく

会期:2011/011/12~2011/11/13

彩の国さいたま芸術劇場大ホール[埼玉県]

始めから終わりまでポップソングが流れ続け、曲のタイトルにちなんだ行為を曲毎にパフォーマーたちが一斉に行なうというきわめてミニマル(アート)な作品。真っ黒な舞台空間の真ん中に曲のタイトルを表示する白いバーがある様子は、フランク・ステラの「ブラック・ペインティング」を連想させる。この作家がかなりコンサヴァティヴなモダニストだと憶測せずにはいられなくなる。淡々と曲が変わり、その度に情景が変化する。そうしてつながる展開は、いわゆる物語ぬきに、場面をドラマティックにする。「Let's Dance」がかかればパフォーマーたちは踊り出し、「Into My Arms」がかかれば抱き合う。「Private Dancer」は音響スタッフひとりが舞台で踊ることをうながし、「Killing Me Softly」は全員が静かに倒れゆくシーンを牽引する。うまい。観客も仕掛けに乗せられ、ときおり手拍子が起こる。「曲のタイトルに動機づけられ行為が決められる」という自己言及的なルールは、道理があり無駄がない、故に説得力がある。ただし、それだけか、という気にもさせられる。「ミニマル・アート」によくある空虚感に似ているとでもいおうか。できたら、どこか狂気じみていてほしいと思う。とても優等生的で、いやらしい。日本で集めた多様な出自のパフォーマーたちはただルールを遂行する「駒」でしかなく、どう自分勝手に踊ってみてもそれは「〈踊る〉というルールの具現化」としか映らない。どんなルールも実行しないわけにはいかない存在故のかわいさをパフォーマーから感じることはあるにしても。

ザ・ショー・マスト・ゴー・オン

2011/11/13(日)(木村覚)

▲ページの先頭へ

2011年12月01日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)