2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

川西英コレクション収蔵記念展「夢二とともに」

2011年12月01日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/11~2011/12/25

京都国立近代美術館[京都府]

神戸を拠点に活動した版画家の川西英。彼は自身と同年代の版画作品等を1,000点余も所蔵しており、それらが一括して京都国立近代美術館に収蔵されたことを記念して行なわれたのが本展だ。コレクションの約1/3を占めるのが竹久夢二で、本展でも夢二の作品群がメインとなっている。聞くところによると、国立美術館に竹久夢二の作品が収蔵されるのは初めてらしい。また、同コレクションには恩地孝四郎など創作版画運動の作家も多数含まれており、彼らと竹久夢二を同一ライン上で扱うことにより、日本の版画史に新たな1ページが開かれるかもしれない。

2011/11/10(木)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00015414.json l 10016664

2011年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ