2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

exhibition as media 2011 梅田哲也 展「大きなことを小さくみせる」

2011年12月01日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/12~2011/12/04

神戸アートビレッジセンター[兵庫県]

大阪市内の築60年のアパートで個展を開催中の梅田が、神戸のアートセンターでも個展を同時開催。大阪展とは全く異なる環境でどのような展示を行うかに興味が募ったが、場の特性を生かすという意味において2展は同一線上に並ぶものだった。ただ、地下のシアター(ここだけ有料)で披露された作品だけは例外で、時間性と物語性を月良く感じられ、一種の無人演劇もしくはオブジェ演劇とでも呼ぶべき新境地に達していた。この方向性が今後どのように発展していくのか、非常に興味をそそられる。

2011/11/27(日)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00015447.json l 10016683

2011年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ