2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

ポコラート全国公募展 Vol.2

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/12/03~2011/12/25

アーツ千代田3331[東京都]

ポコラートとはPlace of“Core+Relation ART”の略で、「障害のある人・ない人・アーティストが、核心の部分で相互に影響し合う場」を指す。前回は障害者を対象とした公募展だったが、考えてみれば障害者のみを対象にするというのも(逆)差別的な匂いがするので、今回はその枠を取っ払ったらしい。つまり「健常者」にも道が開かれたわけだが、しかしそうなると基本的にだれでも応募できるわけで、フツーの公募展と変わるところがなくなり「障害者」に不利ではないかとの疑問もわいてくるが、1,267点の応募から選出された237点は大半がアウトサイダー系の作品で占められたので、結果的に「健常者」は引き立て役に回ったといわざるをえない。実際「障害者」と「健常者」と分けるのもじつに居心地が悪いが、しかしその作品を並べてみれば明らかに分けられるし、「障害者」のほうが明らかに心を揺さぶる作品が多い。つまり同じ土俵に並べて不利なのは「健常者」のほうなのだ。そのことは薄々感じてはいたけど、ここまではっきり見せつけられたことはなかったなあ。薄い紙に数字と日付をびっしり書き込んだ柴田龍平《数式》、さまざまな電車をすべて斜め上の同じ角度から記録した森居勲《列車日記》、著作権のうるさいおなじみのキャラをそのまま描いた(ただし形が歪んでいる)若林直季《ディズニーワールド》……。これら壮絶ともいえる孤高の作品群はだれにも真似できない。

2011/12/23(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ