2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:ブライアン・ウイリアムズ──曲面絵画誕生

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/02/18~2012/04/08

佐川美術館[大阪府]

ブライアン・ウィリアムズ(1950-)は、山あいの集落、比叡山のうっそうとした木立をぬけてひらける琵琶湖の大パノラマなど、自然美を描いた絵画作品を通して、人間が自然と調和して営みを続けていた頃の取り戻すべき「のぞましい」景観を提案してきた。2007年以降は「曲面絵画」として、平面の制約から解放された空間の展開、人間が元来備えている広角的な視野にかなった絵画表現などを目指して創作活動を続けている。本展では、3メートルを超える作品の一部が展覧会場以外の空間にも展示される。

2011/12/23(金)(酒井千穂)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ