2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

artscapeレビュー

飛鳥アートプロジェクト

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/23~2011/12/25

奈良県明日香村(石舞台古墳、奈良県立万葉文化館、国営飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区、川原寺跡ほか)[奈良県]

古代の遺跡や社寺で知られる奈良明日香村。同村の高松塚古墳や石舞台古墳周辺、橘寺、川原寺跡、奈良県立万葉文化館で、現代美術のプロジェクトが行なわれた。明日香村は意外と広く、これらの会場を1日で踏破するのは難しい。それゆえ今回は、若手アーティストが最も多く集結した「国営飛鳥歴史公園・高松塚古墳周辺地区」に的を絞って観覧した。招待作家の淀川テクニックをはじめとする11組が参加した同地区。地域住民の協力を得て赤いゴミと竹で物見櫓をつくった淀テクや、高松塚古墳周辺で約3,000足分の下駄の部材を用いてランドアートをつくったHUST(2人組ユニット)、小さな石片を積み上げた蟻塚のような立体の北川太郎など、環境と馴染んだ展示が数多く見られ、十分納得できる水準だった。今後も継続していけば、地域観光の一助になれるかもしれない。ただし、季節だけは再考すべき。真冬に野外展を行なうのはさすがに無理がある。

2011/12/11(日)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ