2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

森村泰昌 新作展「絵写真+The KIMONO」

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/12/28~2012/01/10

大阪高島屋 6階ギャラリーネクスト[大阪府]

今年で創業180周年を迎える高島屋からのオファーによる本展。昨年夏に東京で開催済みなので、ご覧になった方も多いだろう。森村は、北野恒富が描き、昭和4年に高島屋のポスターとして採用された《婦人図》をモチーフにした新作6点と、彼が1980年代に制作した構成主義風の版画、その版画をモチーフにした着物などを出品した。また作品中の着物のなかには小磯良平や竹内栖鳳の絵画から引用されたものもあった。かつて大阪画壇で活躍した北野と、現在の大阪を拠点とする森村がクロスオーバーし、小磯と竹内を絡めることで京阪神という横櫛も通されている。ひとつの作品のなかに重層的に意味を込めるのが得意な森村らしい個展であった。

2011/12/28(水)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ