2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

生誕100年 ジャクソン・ポロック展

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/11~2012/01/22

愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)[愛知県]

世界中の美術館がコレクションに加えられるピカソとは違い、ポロックはそれほど作品が多くないから、本当によくこれだけの作品を日本で一同に集めたものだと思う。生誕100年の回顧展を開催したのも、世界で日本だけのようだ。初期のものから含めて、ポロックの作品集でおなじみの絵画と幾つも出会うことができる。今回、彼が絵画を制作していた小屋を、1/1スケールで再現していることが興味深い。行為の痕跡としての作品だけに、スケール感を確認できるからだ。言うまでもなく、絵画を床に広げて制作したこともあり、床には大量の絵の具が飛散した状態になっている。

2011/12/05(月)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00015396.json l 10019554

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ