2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

特別展 フェルメールからのラブレター展 コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/10/27~2011/12/12

宮城県美術館[宮城県]

会場は満員御礼だった。17世紀のオランダ絵画は、全絵画史においても、とくに窓や室内の表現が抜群に面白い。そして窓辺で手紙を読んだり、書いたり、食事を行なう場面を描く構図が共有されている。特にピーテル・デ・ホーホは、重層的に空間を折り畳みつつ、絵と窓の置換可能性も感じさせるものだ。今回、フェルメールの絵画は3点が出品されている。うち2点は窓を描かずに、その存在をほのかに意識させる手法が興味深い。

2011/12/06(火)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00015161.json l 10019556

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ