2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

ウィーン工房1903-1932─モダニズムの装飾的精神

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/10/08~2011/12/20

パナソニック電工 汐留ミュージアム[東京都]

近代とはいえ、ホフマンらが志向したものは、必ずしも純粋に抽象的な建築の空間ではないことがわかる。サブタイトルに「モダニズムの装飾的精神」と掲げているように、さまざまにデザインされた具体的な家具、照明、食器、文具、装飾、衣服に囲まれた艶のある場だった。その直後は前近代の名残とされたのかもしれない。だが、今から見ると、この時代だからこそ手がけることができた装飾は、かけがえのないものとして輝いている。

2011/12/16(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00014814.json l 10019559

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ