2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

キルコス国際建築設計コンペティション2011(テーマ:変わること/変わらないこと)

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

北川啓介が企画した新しいタイプのアイデア・コンペである。20組の審査委員がいるのだが、最優秀賞をひとつに絞っていくのではなく、それぞれが金賞、銀賞、銅賞、佳作を決めるために、大量の受賞者を生みだす。とくにユニークだったのが、結果発表がユニークである。12月25日の正午から、建築系ラジオを用いて、約20分程度の講評を連続的に配信していく。立ち上げからかかわっている筆者にとっても、建築系ラジオの斬新な使い方だった。まだ気づいていない可能性を発掘している。建築系ラジオに対し、何が「目的」なのかと聞いて批判する人がいるが、新しいメディアは使ってみないとわからないことが多いことを改めて痛感させられる。

2011/12/25(日)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ