2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

KANSAI 6 EXHIBITION IN OSAKA |ONOMATOPOEIA| つながる建築・ひらかれる言葉

2012年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/26~2012/02/14

中之島デザインミュージアム「de sign de >」[大阪府]

オノマトペをテーマとし、遠藤秀平は「ぐるぐる」、宮本佳明は「ぐいぐい」、李暎一は「まぜまぜ」、長坂大は「じわじわ」、竹山聖は「ジグザグ」、米田明は「ぐんぐん」と、6名の関西建築家それぞれのデザインの特性と態度を言葉で表現している。ただし、こうしたキーワードはひらがなやカタカナではなく、基本的にアルファベットによるローマ字表記だったので、かえってわかりにくなっていたかもしれない。2階の展示スペースは川が見え、気持ちがよい空間だ。1階ギャラリーでは、同メンバーによる建売住宅企画展も開催している。どれもとにかく模型がデカいことが印象的だった。

2011/12/23(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2012年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ