2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

artscapeレビュー

指江昌克 展「見えざる手」

2012年05月01日号

会期:2012/02/29~2012/03/31

MIZUMA ART GALLERY[東京都]

昭和的な遺物が密集した球体が地上を浮遊する光景。指江昌克が描き出しているのは、過去の亡霊が現実的な都市風景のなかに出没したかのような夢幻的な光景だ。古びた自動販売機やコインランドリー、パチンコ店、喫茶店などの図像がおのずと郷愁を誘うが、今回発表された新作には、巨大なキノコ雲や日の丸などの記号が引用されていたせいか、以前にも増して政治性と社会性が強く醸し出されていた。視線が過去へ引き寄せられつつも、たちまち現在に引き戻されるといってもいい。そのような時間の振幅を味わいながら画面を見ていると、政治的な混迷と社会的な危機に陥って久しい今日の現代社会の出発点、すなわち原爆と敗戦を思い出さずにはいられない。原子力発電所の大事故によって戦後社会の繁栄という虚像が脆くも破綻してしまったいま、私たちはもはやあらゆる問題の解決を先送りにしたまま前進することはできなくなったことを知った。指江の球体は、現代社会の真ん中に穿たれた、出発点に立ち返るための入り口なのではないだろうか。

2012/03/29(木)(福住廉)

2012年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ