2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

田中一光ポスター 1980-2002

2012年05月01日号

twitterでつぶやく

会期:2012/03/21~2012/05/11

dddギャラリー[大阪府]

「日本的な色彩や造形を現代的に昇華させた」と評される、グラフィックデザイナー・田中一光(1930-2002)のポスター作品を前後期に分けて紹介する展覧会。奈良に生まれ、京都で学び、大阪で仕事を始めた田中が27歳で東京に拠点を移す際には、関西のグラフィックデザイン界が騒然としたという。以後、広告会社勤務を経て、1963年にフリーランスとなり「田中一光デザイン室」を主宰。1964年の東京オリンピックでは施設のシンボルとメダルのデザインに参加し、1970年の大阪万国博覧会では展示設計に携わるなど、国をあげての仕事も多く、まさに日本をデザインした一人であったと言っても過言ではない。田中の死後、DNP文化振興財団に一括寄贈された作品をもとに2008年「田中一光アーカイブ」が設立されることになるが、本展ではそのアーカイブのなかから厳選された田中の代表作が紹介されている。[金相美]

2012/04/14(土)(SYNK)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00017010.json l 10029114

2012年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ