2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

加藤智大 個展「LIFe IS STEEL FULL!」

2012年07月01日号

twitterでつぶやく

会期:2012/05/25~2012/06/16

TEZUKAYAMA GALLERY[大阪府]

首都圏を拠点に活動している加藤の関西初個展。これまでの作品は、キャンバスの代わりに鉄板を木枠に張った絵画や、日用品を鉄で細部まで精巧に模倣した立体などが知られている。本展では鉄製の茶室が発表された。建屋はもちろん、茶碗、茶筅、茶釜、掛軸、一輪挿しなどすべてが鉄製で、その徹底ぶりには驚くばかり。しかし、そのたたずまいは決してエキセントリックではなく、むしろシックで茶道の美意識にも叶っているように思われる。重量が気になるが、移動茶室として用いれば面白がる茶人もいるのではなかろうか。

2012/06/07(木)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ