2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

絵画、それを愛と呼ぶことにしようvol.2 俵萌子

2012年07月15日号

会期:2012/05/26~2012/06/23

gallery αM[東京都]

両国から歩いて東日本橋へ。東近の主任研究員である保坂健二朗がキュレーターを務める「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう」という赤面しちゃいそうなシリーズの第2弾は、関西を拠点にする俵萌子。パッと見、思い切りのいい絵具の運びは室井と共通するが、画面も制作方法も俵のほうが求心的だ。色彩的には褐色と白が中心だが、画面には(とくに大作は)必ずといっていいほど中心があって、白(または赤)の絵具がこんもりと盛り上がり、構図的にはだいたい右肩上がりの斜め方向に傾いている。この特徴は、画面に置いた絵具とのやりとりのなかから自己の内面性を引き出していくという彼女の制作方法に由来するのだろう。最初は偶然性や衝動に身をゆだねているようにも見えるが、描き進めるうちに次第に曖昧さが確信に変わっていくように思える。そうするとなぜか右肩上がりになる(右手で描くから?)。いずれにせよ、着地点は室井よりもはっきり見えているような気がする。

2012/06/14(木)(村田真)

2012年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ