2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:「あかりがつなぐ記憶」(天若湖アートプロジェクト2012)

2012年07月15日号

会期:2012/08/04~2012/08/05

京都府南丹市日吉町 天若湖湖面[京都府]

日吉ダム・天若湖全体を舞台に、日吉ダム湖に沈んだかつての天若集落(約120戸)の家々のあかりが湖面全体に再現される「あかりがつなぐ記憶」は、毎年この時期に二日間だけ開催され、恒例となっている。桂川流域の市民や関係者のつくった灯を、記憶と記録に基づき湖面に設置、まぼろしの夜景を見るというプロジェクトで、湖面の巨大インスタレーションは日没から深夜にかけて湖岸道路の随所から眺められる。4日、5日のみJR日吉駅発の送迎バスや「あかりがつなぐ記憶」観覧バスツアー(無料。所要時間:2時間弱)も運行される。また、両日ともに、南丹市日吉町郷土資料館は20時まで延長開館。道の駅・スプリングひよしでは、かつての天若の刊行と生活文化、このプロジェクトの記録などを紹介する展覧会(水の杜 展、2012年8月3日~8月5日)も開催される。

2012/06/30(土)(酒井千穂)

2012年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ