ニューアート展 NEXT 2012「動く絵、描かれる時間:ファンタスマゴリア」:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

ニューアート展 NEXT 2012「動く絵、描かれる時間:ファンタスマゴリア」

2012年11月15日号

会期:2012/09/28~2012/10/17

横浜市民ギャラリー[神奈川県]

いつ「今日の作家展」が終わって「ニューアート展」になって、いつから尻に「NEXT」がついたのかウヤムヤだが、どうやらギャラリーの入ってるビル解体のためこの企画展自体ウヤムヤに消滅しちゃうかもしれないとのウワサも。いずれにせよ関内駅前では最後の「ニューアート展 NEXT」ということで、今回はかなり思いきった企画。なにが思いきったかって、まずタイトルのように絵が動くこと。いや、絵が動くのは最近では当たり前で、むしろ動かない絵に驚く人が増えたことに驚く。次に思いきったのは、出品作家がシムラブロスと金澤麻由子のたった2組なこと。これは予算上の都合だろうけど、2組だとつい対比して見てしまう。そこで実際に対比して見ると、映画を構成する光、物質、時間といった要素を問い直し再構築しようとするコンセプチュアルなシムラの映像インスタレーションと、観客が触れることでメルヘンチックな手描きアニメが動く金澤のインタラクティブな映像とでは、あまりに方向性が違いすぎないか。まあ「動く絵」の多様性を示すにはいいのかもしれないが、もう1組くらいほしかったなあ。

2012/10/14(日)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00018875.json l 10060182

2012年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ