2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

ジャン・ミシェル・ブリュイエール/LFKs「たった一人の中庭」

2012年11月15日号

会期:2012/10/27~2012/11/04

にしすがも創造舎[東京都]

フェスティバル/トーキョーのプログラムのひとつだが、演劇公演とは違ってインスタレーションの展示。したがって観客は開場時間内ならいつでも見られるという利点がある。会場は学校の跡地なので教室が舞台になる。最初の教室ではヒラヒラをつけたモップのオバケみたいなのが5、6人踊っている。部屋もオバケも真っ白だ。次の教室は家庭科室だろうか、スモークがたかれ、鍋で卵をゆでている。なんだこれは? その次の教室は理科室だろう、各テーブル横のシンクに首のない小さな人形が座り、リズミカルに電話が鳴り、水道水が流れる。……といった感じ。最後は体育館で、テント内で白衣の人たちが作業中で、ポップ音楽が鳴るとみんなで踊り出す。テントの外はマユみたいなクッションが床全体に敷きつめられ、手術用ベッドが上下に動いてる。なんかワケわかんないけどおもしろかった。

2012/10/30(火)(村田真)

2012年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ