2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

石橋義正『ミロクローゼ』

2012年11月15日号

会期:2012/11/24より劇場公開

テアトル梅田[大阪府]

登場人物がすべてマネキンのショートドラマ『オー!マイキー』で知られる石橋義正監督、山田孝之主演の『ミロクローゼ』の試写会。3つのラブストーリーで構成されているのだが、それぞれの物語は、少しずつ時空が重なりながら展開し、ひとつの長編ドラマをつくっている。カット割りがテンポ良くリズミカルで、畳み掛けるようなセリフや物語のスピード感とそれがピタリと止む“まったり”感のメリハリも、一人で三役を演じ分ける山田孝之の見事な演技も、ポップなヴィジュアルイメージやファッションも刺激的。石橋義正ワールド炸裂といった感のある見どころの多い映画だ。この日は監督の舞台挨拶もあったのだが、構想から公開までには8年近く、(関西での)公開までには10年近くも年月がかかったとのこと。『オー!マイキー』のファンでなくても楽しめる映画。11月24日から劇場公開される。

2012/10/18(木)(酒井千穂)

2012年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ