2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

坂野充学 個展 VISIBLE BRETH

2013年01月15日号

会期:2012/10/14~2012/11/04

3331 Arts Chiyoda 1FメインギャラリーB[東京都]

映像作家の坂野充学による新作展。出身地の石川県白山市鶴来で4年間にわたるリサーチのうえ撮影した映像を、5面のスクリーンでそれぞれ同時に上映した。
映像は、民俗的な習俗や祭り、自然、文化、歴史をモチーフにした物語。役者による演技や、地元の民俗学研究者・村西博二による語りが、5つの時間軸でそれぞれ別々に、しかし時として交差しながら、進行していく。一つひとつのカットがじつに精緻で美しいため、写されている炎や水、風、緑や岩のイメージが脳内に次々と流入してくる感覚がおもしろい。
だからといってイメージだけが先行しているわけではなく、民俗的・歴史的な背景もたしかに伝わってくる。鉄の文化が大陸から伝わってきたとき、それを受け入れる土壌が整っていたことを、海岸の砂浜に鉄分が多く含まれていることから解き明かすなど、地理的な条件によって神話的な物語に十分な説得力を与えているのである。
場所の歴史を掘り起こすアート作品やアートプロジェクトは数多い。しかし、その深度を古代史や神話の水準まで到達させようとする作品は珍しい。東日本大震災によって現実社会の根拠が根底から覆されたいま、映像によって新たな神話的な物語を綴ろうとする坂野の作品は、ひじょうに大きなアクチュアリティーがある。

2012/11/02(金)(福住廉)

2013年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ