2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

すいこみ はきだし ひろがる 小出麻代 展

2013年07月01日号

会期:2013/05/25~2013/06/09

LABORATORY[京都府]

京都市内の繁華街にある小さな路地の一角、焼肉屋のビルの3階という意外なスペースで、小出が魅力的なインスタレーションをつくり上げた。素材は、糸、ガラス、紙、樹脂、押しピン、回り灯籠など。糸をガイドに視線を泳がせていくと、素材が織りなす繊細な造形がメロディやリズムを奏で、見る者を作品世界へと没入させる。そして見終わった後には、自分が爽やかな余韻に包まれていることに気付くのだ。その感触は、美術作品というよりも詩の読後感に近い。ここまで浸り切れるインスタレーションに出会えたのは久々だ。見逃さなくてよかった。

2013/06/01(土)(小吹隆文)

2013年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ