2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

artscapeレビュー

いつかいた場所 酒井咲帆 写真展

2013年07月01日号

会期:2013/06/12~2013/06/23

iTohen[大阪府]

兵庫県出身で、現在は福岡県を拠点に活動する写真家・酒井咲帆の個展。2001年に富山県氷見市女良で4人の子どもたちと出会った彼女は、その後も彼ら彼女らと交流を続け、年に一度同地に出かけては写真を撮り続けた。本展では、2001年から12年までの作品を編年体で展示するとともに、4人から届いた手紙なども紹介した。当たり前のことだが、子どもにとっての10年は長い。最初は小さな小学生だったのがいつしか成人となり、4人が通った小学校は過疎化で閉校となった。その過程を綴るのに、写真ほど適した媒体はないだろう。ひとつの出会いを大切に温め、長期間のシリーズ作品にまで育て上げた作者に感心した。

2013/06/13(木)(小吹隆文)

2013年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ