Gilberto Garcin写真展 Mr.G:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

Gilberto Garcin写真展 Mr.G

2013年07月01日号

会期:2013/05/18~2013/06/30

GALLERY TANTOTEMPO[兵庫県]

64歳で電気技師の仕事を定年退職し、写真作品の制作を始めたGilberto Garcin。その作品はとてもシンプルで、風景や静物、つくり込んだ場面のなかに、自分と妻の姿をコラージュしたものだ。例えば、不安定な桟橋の上を歩く妻と、その橋脚を支える夫、一部が崩れたレンガ積みの自分の肖像の前で途方に暮れる夫妻、といった具合だ。それらはどれもユーモアと機知に富み、時にはマグリット作品にも似たシュールな趣をたたえている。また、作品から漂う手作り感も、デジタル技術全盛のいま、かえって新鮮だった。

2013/05/25(土)(小吹隆文)

2013年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ