EXIF Hideo Anze 2013:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

EXIF Hideo Anze 2013

2013年07月01日号

会期:2013/06/12~2013/06/25

DMO ARTS[大阪府]

カラフルな紙(タント紙)を絵具代わりに用いて写真作品を制作する安瀬英雄が、2年ぶりの個展を開催した。前回は室内の一隅と思しき空間をつくり上げ、絵具の垂れや飛沫といったペインタリーな要素も表現していたが、本展では白い箱状の空間に紙を配置するシンプルなスタイルに移行。ミニマルアートにも通じる静謐な世界をつくり出すことに成功した。また、紙の断面の重なりや、丸めた紙の組み合わせによる動的な作品もあり、バリエーションも豊かだった。ちなみに展覧会タイトルの「EXIF」とは、デジタル写真の撮影時に、画像データと共に記される撮影時のさまざまな付属情報とのこと。ペーパークラフトがアート作品へと生まれ変わる際のソースコード的な意味合いで名付けたのであろうか。

2013/06/13(木)(小吹隆文)

2013年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ