2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

北尾博史 展 古書の森 森の部品─星と祭り─

2013年08月01日号

twitterでつぶやく

会期:2013/07/07~2013/07/24

三密堂書店[京都府]

京都の繁華街にほど近い古書店で、彫刻家の北尾博史が個展を行なった。会場は古書が並ぶ1階と催し場の2階。1階では木の枝や果実の姿をした作品が、まるで書棚の隙間から生えてきたかのように点在し、2階では書籍と一体化した植物をモチーフとした作品のほか、線路状の溝を切った座卓と茶碗を載せた列車型作品などもあった。また書店主が「星と祭り」をキーワードに選定した貴重な古書も展示されており、これらを手にとって読むことも。北尾と書店主は中学時代の同級生であり、共に京都の街中で育った生粋の京都人だ。会期をあえて祇園祭に合わせて設定したこともあり、本展からは京都人が貴ぶ知的遊戯の精神が色濃く感じられた。

2013/07/11(木)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2013年08月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ