2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地──われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活

2013年08月01日号

twitterでつぶやく

会期:2013/08/10~2013/10/27

名古屋地区、岡崎地区[愛知県]

都市型現代アート・イベントの雄「あいちトリエンナーレ」がいよいよ開催。今年は五十嵐太郎(都市・建築学)を芸術監督に迎え、東日本大震災後を強く示唆するテーマのもと、現代美術75組、パフォーミング・アーツ18組が参加、そしてオペラ公演も行なわれる。また、岡崎市が会場に加わり、エリアが拡大したのも今年の見所だ。前回から3年の月日が経ち、いまや日本各地で地域型アート・イベントが大流行している。それらの先輩格であり、都市型イベントの先駆者でもある「あいちトリエンナーレ」が、一体どんなビジョンを見せてくれるのか。テーマから察するにメッセージ色の強い作品が大挙して押し寄せる可能性もあり、その成否には注目せざるをえない。

2013/07/20(土)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00022709.json、/relation/e_00022706.json、/relation/e_00022494.json l 10089544

2013年08月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ