2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

田中秀介「回想と突発のわれわれ」

2013年10月15日号

会期:2013/09/10~2013/09/22

ギャラリーモーニング[京都府]

大阪芸術大学美術学科油画コース出身の田中秀介の同ギャラリーでの3度目の個展。不穏、不安、焦燥感など、ざわざわとした感情のイメージも喚起する、奇妙なモチーフやタイトル、不安定に流れるような筆跡、構図、色彩。田中の作品はこびりつくように記憶に残る魅力がある。今展には、作家の故郷である和歌山県の風景や、自らの制作アトリエの一帯を描いた作品など、田中が日頃身近に感じている場所や人々をモチーフにした作品も並んでいた。役所で働く人々をモチーフにした作品、大阪の本町通で見かけたという男女をモチーフにした作品等、荒唐無稽なストーリーが潜んだものもあるのだが、それらには田中の飛躍的で解放的な想像力がうかがえる。今後の活躍も楽しみだ。

2013/09/15(日)(酒井千穂)

2013年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ