2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

視触手考画説

2013年10月15日号

会期:2013/07/06~2013/09/01

トーキョーアートミュージアム[東京都]

プラザ・ギャラリー開設25周年記念展の第3期は、菊池敏直の企画で、「第一線で活躍する作家からハンディをもつ人の作品までを同じ空間に展示する」というもの。「第一線で活躍する」のは小山利枝子、佐川晃司、藤村克裕ら9人で、絵画、コラージュ、彫刻など1点1点サイズも大きく、余裕を持って展示している。それに比べ「ハンディをもつ」約20人は小さめの作品が多く、狭い空間に2段3段がけで展示されている。別に「差別」を告発しようというのではなく、逆に「ハンディをもつ人」のいわゆるアウトサイダーアートは1点1点独立して鑑賞するものではなく、むしろ何点も並べて全体で見せたほうが力を発揮することを確認させてくれた。じゃあ「第一線」は1点1点鑑賞に耐えるかというと、それが問題なのだ。なかにはどちらに属するのかわかりにくい作家もいたが、作品の大きさと展示面積の広さでかろうじて判断できた。

2013/09/01(日)(村田真)

2013年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ