《北海道立三岸好太郎美術館》(1967):artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

《北海道立三岸好太郎美術館》(1967)

2013年10月15日号

[北海道]

札幌出身の三岸好太郎の美術館が、道立近代美術館のすぐ近くにある。あの有名な貝殻のモチーフは、画家が31歳で亡くなる死の直前だったものと知る。ゆえに、バウハウス帰りの山脇巌に依頼したモダニズム建築のアトリエも完成を見ることがなかった。竣工してすぐ、ここで彼の遺作展が開催されている。「絵からとびだしておいで!」展は、おばけのマ~ルと美術館のコラボ企画だが、美術の場を再解釈する面白い試みだった。

2013/09/01(日)(五十嵐太郎)

2013年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ