2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

田中紗樹 作品展「ソロ・オーケストラ」

2014年05月01日号

twitterでつぶやく

会期:2014/04/02~2014/04/13

iTohen[大阪府]

ドローイングと木版画とコラージュを併用した平面作品を制作する田中紗樹。彼女の作品の魅力は、小気味よい筆さばきと鮮やかな色彩が、一種音楽的とも言うべき交響を奏でる点にある。また、ただ作品を見せるだけではなく、現場での制作を重視しているのも彼女の特徴だ。iTohenでは2010年以来の個展となる今回も、本人が会場に詰めて公開制作やライブペイントを実施。日を追うごとに作品の配置が変化する生き物のような展覧会をつくり上げた。また、公開制作を見て気づいたのは、彼女が2点ずつ作品を制作すること。2点は対の関係を持っており、交互に筆が入れられる。彼女の作品に顕著な音楽的感興は、この制作方法に由来するのかもしれない。

2014/04/02(水)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2014年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ