「Over the IAMAS──イアマスを超えて」#1 原寿行 -Eye-展:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

「Over the IAMAS──イアマスを超えて」#1 原寿行 -Eye-展

2014年05月15日号

会期:2014/04/15~2014/04/20

galerie 16[京都府]

2013年に第16回岡本太郎現代芸術賞特別賞を受賞した作品で、各地で発表されて気になっていた作品を偶然見ることができた。美しい映像、美しい装置で、淡々と画面で行なわれる実験。ブタの目玉から水晶体を取り出し、レンズに当てはめて、そこから見える風景(失われていく風景)を観察するもの。透明だった水晶体は時間を追うごとに乾燥し、最終的には白い粒となり、映像も失われてしまう。死の先にある世界が映すものといったような科学のロマンチックな部分が、美術というフィールドで検証されることでまた新しい意味を持ってくるんだなあ。

2014/04/15(火)(松永大地)

2014年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ