2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

前田朋子、上須元徳、久保昌由「silentscape──眼差しの前に風景は沈黙する」

2014年05月15日号

会期:2014/04/14~2014/05/03

gallery wks.[大阪府]

写真を元に制作を行っている前田朋子、上須元徳、久保昌由の3名による絵画の展示。日常で目にするような何気ない光景を描いた前田の油彩画には、部分的にうっすらと青や赤の色味が確認できるのだが、上須のアクリル画や久保の樹木を描いた鉛筆画など、展示されたのはほとんどがモノクロームの作品。いずれの作品も、時の移ろいや風の動きなど豊かな表情をもつものであったが、特に新鮮だったのは上須の作品。一見ぴたりと時間が止まったかのような静的なイメージなのだが、画面の色のトーンの豊富さに気がついた途端に印象がかわり、しなやかなダイナミズムを感じた。静謐をたたえた空間で作品一点ずつをじっくりと見つめるという時間がたいへん贅沢に感じられた展覧会。

2014/04/18(金)(酒井千穂)

2014年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ