2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

2014年度日本建築学会大会[近畿]

2014年10月15日号

会期:2014/09/12~2014/09/14

神戸大学国際文化学部(鶴甲第1キャンパス)ほか[兵庫県]

建築学会の大会で、神戸大学に訪れる。今年は研究室から6名が発表した。また学生コンペで、1名が公開審査に進む。空き時間に、坂を上りながら、神戸大学の《本館》(文部省営繕設計/1932)、《講堂》(文部省営繕設計/1935)、《図書館》(文部省営繕設計/1933)、《兼松記念館》(文部省営繕設計/1934)、《武道館》(文部省営繕設計/1935)を見学した。1930年代の建築がよく残り、周辺の現代建築も、当時の外壁のテイストをあわせている。これだけ建築関係者が全国から集まりながら、意外にここを見る人がいないことは気になった。

学会の後、学生とともに、久しぶりに大阪の中崎町へ。山崎亮に連れていってもらい、初めてこの場所を訪れ、アジアならともかく、日本でもこんな場所が成立するのかと感心したのが、10年くらい前だったと思う。住宅地とリノベーションによる小さな店舗が混在し、独特のコミュニティをつくる界隈である。以前から減ったお店もあるし、増えたお店もあり、やはり変化しているようだ。

上:神戸大学講堂 下:図書館

2014/09/12(金)(五十嵐太郎)

2014年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ