高畑早苗「Metamorphosis」:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

高畑早苗「Metamorphosis」

2014年10月15日号

会期:2014/08/26~2014/09/06

Galerie Paris[東京都]

一昨年亡くなった友人に捧げるオマージュ展。出品は、ボッシュかブリューゲルを思わせる楕円形の風景画に、ビザンチン風ともいうべき華麗な人物画、キャンバス地をドレス型に仕立てて絵を描いた「ウェア・ミー」シリーズ、それに小さな人物像をビーズやガラスで飾り立てたイコン風の装飾品など、形式もスタイルも多彩というほかない。ただ共通しているのは、どれも東洋的でも西洋的でもなく無国籍的であること、どれもアナクロニズム志向であること、どれもアンチフォーマルながら絵画を基本にしていること。そしてもうひとつ付け加えるなら、どれもこの世とあの世をつないでることだ。

2014/09/05(金)(村田真)

2014年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ