2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

山城大督個展「HUMAN EMOTIONS/ヒューマン・エモーションズ」

2015年03月01日号

twitterでつぶやく

会期:2015/02/06~2015/02/22

ARTZONE[京都府]

京都市内の複数の会場で行なわれた「映像芸術祭 MOVING 2015」のプログラムの一つ。《VIDER DECK/イデア・デッキ》と《HUMAN EMOTIONS/ヒューマン・エモーションズ》の2作品が出品されたが、特筆すべきは後者。本作は、会期前の会場に簡単なセットを組み、そこに1歳、5歳、7歳の子供たちを登場させ、複数台のカメラで撮影したものを撮影時とほぼ同じ状態の会場で再生するものだ。まだ社会を知らない子供たちが遊戯的な交流を続ける中で、種々の感情や関係性が生まれ、社会性の萌芽らしきものがうっすらと確認できる。子供たちの行動は本当に瑞々しく、またスリリングでもある。最初から最後まで目を離せない本作は、まさに傑作と呼ぶべきであろう。

2015/02/07(土)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2015年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ