2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

artscapeレビュー

PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015 京都市美術館

2015年04月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/03/07~2015/05/10

京都市美術館[京都府]

パラソフィア/京都国際現代芸術祭2015の内覧会へ。メインの京都市美術館を含めて、映像の作品が多いので、本当に全部見ようとしたら、相当な時間がかかる。内容は芸術監督の河本信治が「エンターテイメントではなく」とうたうように、シリアスで硬派だ。昨年から、横浜トリエンナーレ、札幌国際芸術祭など、芸術「祭」というより「展覧会」色が強い企画が続く。個人的には、京都市美術館の内部がけっこう大きくて、現代美術に合う空間というのが、まず大きな発見だった。近代美術のために戦後につくられたモダニズムの美術館は、いまや現代アートにとって天井は低いが、30年代の帝冠様式の建築は、国際展にとっても余裕のあるデカさなのは興味深い。

写真:上=《京都市美術館》外観 中=蔡國強の展示 下=展示室内

2015/03/06(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00029750.json、/relation/e_00029861.json l 10109058

2015年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ