2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

高松次郎 制作の軌跡

2015年04月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/04/07~2015/07/05

国立国際美術館[大阪府]

近年、回顧展や書籍を通じて、歴史化への関心が高まっている高松次郎の大規模な回顧展。本展の特徴は、絵画や版画、立体作品に加えて、約280点のドローイングや書籍・雑誌の装丁の仕事など、膨大な紙の仕事を高松の基底面と捉えて展示していることにある。とりわけポイントは、装丁の仕事を除き、「○○のための習作・下絵」といった表記をキャプションに記していないことにある。完成作の下部構造として位置付けるのではなく、その時期ごとの関心に応じて、「影」「遠近法」「単体」「複合体」「平面上の空間」というシリーズ名が冠せられている。また、各シリーズごとに分けられた展示スペースには、絵画や版画、立体作品と紙媒体のドローイングが並置され、同じ空間内に同居する。つまり、署名された完成作品/補完的存在としての習作というヒエラルキーを設けず、一つの関心軸およびシリーズを構成する連続体として眺めるように要請しているのである。
その意味で本展は、約40年の制作活動で膨大に残された紙の仕事の調査を通して、高松の思考の足跡を立体的に再構成しようとする、思考についての思考であり、メタ的装置としての性格を強く持つと言えるだろう。

2015/04/06(月)(高嶋慈)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00030097.json l 10109171

2015年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ