毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

第9回シセイドウアートエッグ「狩野哲郎 展──Nature/Ideals」

2015年04月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/03/06~2015/03/29

資生堂ギャラリー[東京都]

階段を下りて行く入口に網が張ってあり、ギャラリー内に鳥が放し飼いにされているとの注意書きがある。会場には木の枝や石などの自然物、リンゴやオレンジなどの果物類、スーパーボールや食器などの工業製品が一見ランダムに置かれている。自然と人工、具象と抽象、有機と無機が混在した状態だが、よく見ると、アームつきの監視カメラの横に似たようなかたちの木の枝を取りつけていたりして、デタラメに配置されてるのではないことがわかる。これはひょっとして、人間の脳内を外在化させたインスタレーション? だとすれば、この空間(脳内)を自由に飛び回り、必要なものを探し出す鳥は「私」かもしれない。そういう私は「かごの鳥」みたいな。

2015/03/21(土)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00029824.json l 10109275

2015年04月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)