2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

artscapeレビュー

石田尚志──渦まく光

2015年04月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/03/28~2015/05/31

横浜美術館[神奈川県]

いつだったか忘れたけれど、最初に石田尚志の作品を見たとき(たぶん7、8年前)、絵巻とアニメの時間表現を見事に止揚させてるなあと感心したものだ。だがもっと感心したのは、次に見たとき、部屋の壁を移りゆく光を捉えようとして作品がサイトスペシフィック化していたことだ。もちろん刻々と移り変わる光を捉えきることはできないので、そのつど決断しなければならず、そのいらだちと思いきりのよさが彼の表現主義的な図像に表われているように思えた。モネの連作における筆触と同じく、石田の即興的な筆触も時間によって決定づけられており、それゆえに根拠のない抽象画よりはるかに美しいのかもしれない。しかもとどまることを知らず、まだまだ展開し続けている。これは必見。

2015/03/27(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00030058.json l 10109285

2015年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ