2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

高松次郎 制作の軌跡

2015年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/04/07~2015/07/05

国立国際美術館[大阪府]

高松次郎の個展と言えば、昨年末から今年3月にかけて東京国立近代美術館で行なわれたばかりだ。しかし本展とはそれとは別物(連携はしている)。大阪の高松展では、彼の制作活動をシリーズごとに年代を追って展観し、絵画、立体、版画約90点、ドローイング約280点、書籍・雑誌・絵本約40点、記録写真約40点の総計約450点(!)で回顧しているのだ。なかでも注目はドローイングが大量に出品されていることで、それらを完成作と並置することにより、作品の制作過程や高松の思考の変遷を具体的に知ることができる。彼は生前にドローイングの存在を公にせず、2009年にドローイングのカタログレゾネが出版されるまで研究者でもその全貌を知る者はほとんどいなかった。それだけに本展は意義深く、今後高松の評価が更新された場合、そのマイルストーンと位置づけられるだろう。また、出版物に着目した点、記録写真をフォローした点も高く評価されるべきである。

2015/04/06(月)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00030097.json l 10110484

2015年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ