2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

奈良礼賛~岡倉天心、フェノロサが愛した近代美術と奈良の美~

2015年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/04/11~2015/05/24

奈良県立美術館[奈良県]

明治初期にアーネスト・フェノロサと岡倉天心により行われた調査により、その価値を再評価された正倉院宝物や仏教美術を中心とする奈良の文化財。本展ではその事実を基軸に、奈良の文化財に着想を得た狩野芳崖や横山大観らの絵画、彫刻、美術工芸品など112点を紹介している。本展を見る前は、展覧会タイトルから歴史画や風景画が並んでいるものと思っていたが、実際はそうした作品以外に模造・模写も数多く出品されており、筆者自身はむしろ後者に感心した。竹内久一、山田鬼斎による仏像の模造、横山大観、菱田春草、寺崎廣業らによる仏画の模写、小松松民、六角紫水らの工芸品模造、それらが持つ高い技巧と表現力に魅了されたのだ。他には、平櫛田中による岡倉天心の肖像《五浦釣人》、狩野芳崖の傑作《悲母観音》の下絵、芳崖と天心のスケッチやメモ書きなども興味深かった。敢えて僭越な物言いをするが、本展は予想外の拾い物である。

2015/04/10(金)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00030357.json l 10110485

2015年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ