2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

ルーヴル美術館展 日常を描く─風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄

2015年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/02/21~2015/06/01

国立新美術館[東京都]

国立新美術館の「ルーヴル美術館」展は、いわゆる格が高い、正統派の歴史画や宗教画ではなく、日常を描くサブカルチャーとしての風俗画をピックアップした内容である。したがって、17世紀のオランダや18世紀のロココなどの作品が目立つ。室内画も多く、以前、研究室で絵画の中の窓を網羅的に調べた窓学のリサーチを思い出す。ちなみに、窓はおおむね、左側に描かれる。

2015/04/03(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00029838.json l 10111055

2015年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ