2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:水田寛「中断と再開」、新平誠洙「windows upset」

2015年06月01日号

会期:2015/06/09~2015/07/18

ARTCOURT Gallery[大阪府]

京都を拠点に活動する水田寛と、京都市立芸術大学大学院に在籍中の新平誠洙。ともに1980年代生まれで進境著しい2人の画家が、大阪のギャラリーで同時に個展を開催する。水田の作品は、個人的な記憶や経験に基づくモチーフが、現実的なスケールや遠近法の枠を超えて連鎖・複合を繰り返すのが特徴。複数の作品の組み合わせたインスタレーション的な展示や、絵の一部を切り取って別の絵と縫い合わせる手法も彼の得意とするところだ。一方、新平の作品はシャープでクールな画風が持ち味。ガラスに複数の情景が写り込んだかのように、幾つものモチーフが半透明かつ断片的に重なった作品や、同一モチーフを異なる視点・時間で切り取った作品で知られている。ともに多層的な時空間を描いているが、水田の作品が私的、抒情的であるのに対し、新平の作品は硬質で、光学的、デジタル的とも言える。ほぼ同世代の2人が見せる対照的な世界観を見比べられるのが、このダブル個展の醍醐味だ。

左:水田寛「中断と再開」、右:新平誠洙「windows upset」

2015/05/20(水)(小吹隆文)

2015年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ