毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

荒木経惟「Birthday 75齢 2015.5.25 写狂老人A 鏡の中のKaoRi」

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/05/25~2015/06/20

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム[東京都]

恒例の荒木経惟のタカ・イシイギャラリーでの「Birthday」写真展である。今年は例年に増して意欲作が並んでいた。
展示作品は、室内でオブジェを中心に撮影したカラー作品53点と、日付入りコンパクトカメラによるモノクロームの「私日記」119点。鏡文字のタイトルにあわせるように、プリントもすべて左右逆になっている。つまり「鏡の中」の世界を撮影したということだが、実際にはプリントする時にネガを「裏焼き」しただけのようだ。とはいえ、この単純な仕掛けによって、虚実が逆転して奇妙な浮遊感を感じさせる反世界に引き込まれるような気がしてくる。モノクローム作品には、さらに工夫が凝らされていて、画像は全部反転しているのに、日付だけが正像、しかもすべて「25 2 21’」になっている。この日付をどうやっていれたのかが、どうもよくわからない。「’12 2 52」と入れて撮影したのかと思ったのだが、「2」を鏡文字で入力するやり方がわからないのだ。小さな思いつきを積み重ねていきながら、見る者をいつの間にか魔術的な世界に引き込んでいく荒木の手腕が、いつも以上に絶妙に発揮された作品群といえるのではないだろうか。昨年以来の創作意欲の高まりが、まだ続いているということだろう。
なお、展示にあわせて『アサヒカメラ』6月号が荒木特集を組んでいる。また、タカ・イシイギャラリーから同名の写真集も刊行された。352ページ、173点を収録。小ぶりなソフトカバー写真集だが、町口覚のデザインワークが冴え渡っている。
(タイトルは鏡文字)

2015/06/18(木)(飯沢耕太郎)

▲ページの先頭へ

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)