2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

NO MUSEUM, NO LIFE?──これからの美術館事典

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/06/16~2015/09/13

東京国立近代美術館[東京都]

国立美術館5館(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館)の作品を紹介する展覧会。どうせ予算がないから身内のコレクションをかき集めてお茶を濁そうって魂胆かと思ったら、これが意外なほどおもしろかった。構成は事典のようにAtoZ形式で、Architecture、Archive、Artistに始まり、X-ray、You、Zeroまで(最後は苦しいが)、各項目に沿って5館の所蔵作品と資料を公開しながら「美術館」のあれこれを解説している(新美術館はコレクションがないので資料のみの出展)。例えば「Artist」では、17世紀のクロード・ロランの版画《素描する芸術家のいる海辺》(西洋)から、竹内公太の「指さし作業員」でにわかに注目されるようになったヴィト・アコンチのビデオ《センターズ》(東近)まで、自画像を中心に紹介。「Curation」では、まさにこの展覧会の設計図が示され、その会場マケットが隣の「Discussion」に出ているリアム・ギリックの《ディスカッション・アイランド・レスト・リグ》(国際)のテーブル上に置かれ、入れ子状になっている。「Earthquake」には池田遙邨による関東大震災のスケッチ(京近)、宮本隆司による阪神大震災の記録写真(東近)、それにジャン・アルプがヨレヨレの線で描いた《地震による線のある頭部》(東近)や、免震台(西洋)まであるが、東日本大震災関連はない。まだコレクションされてないんでしょうね(常設展示室にはChim↑Pomの映像があったが)。注目すべきは「Money」で、ルーヴル美術館、MoMA、国立美術館5館合計の各収入と内訳をグラフで比較している。それによると、ルーヴルの収入は308億円で、その半分以上が国から出ているが、4割くらいは展示事業収入など自分で稼いでいるのに対し、MoMAの収入は190億円で、約3分の2を自分で稼ぎ、3分の1は基金運用益や寄付などに頼っている。日本の5館はどうかというと、収入は合計で121億円(5館合計でMoMAの3分の2以下!)、うち自分で稼いでるのは10分の1程度にすぎず、大半が交付金・補助金頼り。こんな自虐ネタさらして委員会? 最後に、もっともこの展覧会の利点を生かしたのが「Storage」。コレクションを有する4館が共通して持ってる藤田嗣治の絵画1点ずつを、その作品が保管されている収蔵庫の写真とともに展示しているのだ。注目したいのは、東近から出ている初期の《パリ風景》の下に、小川原脩による戦争記録画《アッツ島爆撃》が見えること。なんでテーマも制作年も名前も離れてるのに隣り合わせなんだろう? アッツ島つながりか? と考えてしまった。そういえば「War」がなかったな。

2015/06/15(月)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00031057.json l 10112976

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ